Newsお知らせ

齊藤克季 仕事に対しての取り組み

◆仕事に対する意気込み

ハートピアに入職し約5年間デイサービスをメインに働き、空いている時間で訪問リハビリを行ってまいりました。今年から訪問リハビリ専属となりましたが、デイサービスで培った知識や経験を生かし訪問リハビリ、ハートピアへさらに還元して行ければと思います。責任感を持ち、利用者様と良好な信頼関係を作り楽しいと思ってもらえるリハビリをしたいと思います。

◆入社のきっかけ

自分の通っていたリハビリ専門学校では三年生の時に病院実習が約二か月を3カ所行われます。そして最後に行った実習先の病院で自分の担当の先生となって頂いた方が現在の社長の近藤大貴さんでした。リハビリとして働きだした一年目は回復期病院に勤めていましたが同時にデイサービスや地域リハビリにも興味があり、近藤社長が静岡市内でデイサービスを始めたと聞き連絡を取りハートピアの理念や地域でのあり方に共感を受け翌年入社させていただきました。

◆仕事をするうえで大切にしている事

訪問リハビリを初めて利用する方がリハビリに思っている印象は「大変だ」「辛い」と思っている方も多いと感じられます。しかし私がリハビリを行う上で大切なことは楽しく鍛える事だと考えています。いかに楽しくリハビリを行うには利用者様との信頼関係の構築があげられます。信頼できるから体をゆだねられる。信頼できるから体や身の回りの話ができる。信頼できるからたわいもない会話で楽しくリハビリが出来ると考えています。その為には利用者様の外見内面含めすぐに変化に気づくことだと思います。齊藤さんが来てくれるからリハビリ頑張れると思ってもらえるように利用者様との信頼関係を築いていきたいです。

◆今後どんなふうになっていきたいか

自宅へ伺う事は利用者様の生活の一部になる事です。そして人生の中の一部にも関わる事になります。訪問リハビリをハートピアの森に頼んでよかった、齊藤さんがリハビリへ来てくれてよかったと言ってもらえるよう利用者様とのリハビリの時間を大切にしてハートピアの森の発展に携わっていきたいと思っています。

お知らせ

お知らせ一覧